FC2ブログ

eBayでそろそろ海外ノマド生活

eBay、FXで自由な時間を作って、海外ノマドを目指します

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いくら稼げば良いのか(+お知らせ)

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。


本日はタイトルの通り、個人事業主または法人化して、どれくらい儲けるべきかについて、わたしなりの考えを書かせていただきたいと思います。今回は計算を単純にするため個人事業主だった場合で考えてみたいと思います。

よく月収○○円、年収○○○円といいますがそれらは各種税金、社会保険を差し引く前の金額を言うのが一般的だと思います。


仮にサラリーマンで月収40万であれば、個人事業主では自分で所得税や年金、健康保険を収めますので、同額の月利40万くらいが同じ収入レベルになってくると思います。

ただサラリーマンにはボーナスがありますので、年2回(夏2ヶ月分 + 冬2ヶ月分)も支給されると考えると、40万x12ヶ月 + 40万x4ヶ月 =年収640万円 ということになります。

一方、個人事業主にはボーナスはありません。サラリーマンと同じ年収640万円と同じ収入レベルになるには 640万÷12ヶ月 =53万円の月利が必要ということになります。


さらにはサラリーマンには退職金というものも支給されます。例えば大学を卒業した23歳から定年になる65歳まで約40年間勤め上げたとすると企業規模にもよると思いますが、どこかで見た統計情報では日本企業の約8割では退職金制度があり、
平均すると2000~3000万円は退職金が出るということなので、一番低い水準の2000万円で考えます。

それをさきほどの年収に上乗せして考えると、640万円+(2000万円÷40年) = 690万円の年収があるということです。

個人事業主の場合で退職金も含めて稼ぐには 690万円÷12ヶ月 =月利57万円です。


他の個人事業主のみなさんがどうお考えなのか、あまり話したことはないのですが、自分的にはこの月利57万円を超えていなければ独立する意味、魅力は薄れていくものだと考えています。

わたしも21歳から39歳までサラリーマンをしていましたが、最高年収はたしか700万円くらいまでいきました。しかし複数回の転職や派遣社員を経た成り上がりだったこと、定年まで勤め上げなかったことやリーマンショック後で景気も悪かったせいで、
退職金は100万もありませんでしたが、それでももし定年まで勤めていれば1000万円は出ていたでしょう。


独立した時にはサラリーマンを続けていた場合と同じ収入レベルを目指すのが当初の目標としていましたので、(700万円+ (1000万円÷40年))÷12ヶ月 =月利60万円 以上は稼がないと独立した意味はないと思ってました。

そして約5年を経てようやくというか、昨年あたりから安定的に月利60万円は超えるようになってきましたので当初の目標はクリアーしてきてはいるのですが、ただし安定というにはまだまだほど遠いと感じています。


現在、物販、システム開発、投資関係の3つのビジネスを行っていますが、収入的には物販>システム開発>投資、の順番になっています。


複数のビジネスを同時に進めるとそれぞれの効率やスピード感、成果は悪くなってしまいますが、一番のリスクは1つの事業、1つのビジネスしかやっていなかった場合、それが傾いてしまうと即収入がゼロになってしまうということです。

個人事業主にはその危険性が常に付きまとっています。収入がゼロになると生活が立ち行かなくなり露頭に迷ってしまいます。わたしも家族がいますのでそれだけは絶対に防がなくてはなりません。


ではそれぞれのビジネスでどれくらい稼げば良いのかですが、わたしとしてはそれぞれ50万円の月利が必要だと思っています。月利50万円のビジネスが3つあれば150万円ですが、仮に1つが収入ゼロになっても100万は月利が残ることになります。

100万あれば露頭に迷うことはまず有りませんし、次なるビジネスを開拓、成長させていく余裕も十分にあるると思います。


ですので当面の目標としては月利50万円のビジネスを3つ作り上げることです。さらにそこから先は特に考えていませんが、会社を大きくしたり大きな資産を築き上げることにはあまり興味はないので、結局は家族やスタッフが幸せに暮らせていけるのであればそれでいいんだろうと想像しています。

が、ただ最近は経営者としての視点というか、ビジネスを伸長させる楽しさや、モノづくりのやりがい、心地よさを改めて実感していますので、いくつになってもビジネスマン、エンジニアは続けているんだと思います。


ということでまだまだがんばります!

それでは本日はこのあたりで・・



・・・ではなく、本日はお知らせがもう1つあります。


ビジネスの1つの物販に取り入れようと考えているのが最近流行のAI技術です。すでに金融や医療の分野ではAIにより一部業務が置き換えられているようですが、とうとう物販にもその波が押し寄せてきたようです。

ITやテクノロジーの進化は我々人間が想像できる域をとうに超えていると常々考えていますが、物販にAIというキーワードは今回初めてだと思うので、情報は集めておくに越したことはありません。


ちらっと聞いた話しでは、リサーチや出品、発送指示まで、人の手は完全に離れてAIが勝手に販売してくれるというもので、そんな画期的はツールがあの紙さんの元リリースされようとしています。

どういうものかわたしも気になったので早速登録してみました。情報収集だけは無料なので気になる方は登録してみて、よければ今後情報をシェアしましょう。

ご登録はこちらから
https://bit.ly/2ONHZqj
 ※ 利益ザクザクツール トライアル版付き



それでは今度こそ、このあたりで。
スポンサーサイト

| 目標設定 | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無在庫販売は難しいです

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。


すっかり夏本番ですね。

子供の幼稚園も夏休みなので、妻が友達のところに連れっていったり、わたしはプールに連れてったり、毎日なにかと大変な日々が続いています。



さて、本日は無在庫販売の難しさについて話しとしたいと思います。

無在庫を管理するツール「HARU」を5年近く開発させていただいている身として分かったこと、また自分自身も無在庫販売のプレーヤーでもありますので、どのようにして進めているかという観点になります。

まず無在庫販売は在庫を持たないので資金がいらずリスクがなく初められるので、最初は無在庫からスタートする人が多いと思います。

ただ初めたはいいけど、やり方が分からず1~2ヶ月で辞めて行ってしまう人が大半を占めます。

実際に御本人に意見を聞いたわけでなくHARUを申込まれて、解約されるまでの期間が1~2ヶ月の人が多くいらっしゃるだけなのですが、多くの方が無在庫販売という販売方式に足を突っ込んだだけでに本質を知らずに離れていっていると思われます。

まず無在庫販売は競争者が多いので出品は多く出さないと話しになりません。

ebayであれば200、300は出していかないと駄目です。amazon輸出であれば5000、8000は必要になってくると思います。

そこからがスタートラインなのですが、実際には100品も出さずに売れない売れないと諦めていってしまうのです。


次に、出品数を増やすハードルはパスしてある程度は売れてくるフェーズになった人の話しに進みます。

月に粗利で10万円くらいは売れてきますが、たまにあるのが荷物の不着や、返品リクエストです。

物を販売しているからには避けて通れない業務なのですが、ここでつまづく人も多いようです。

荷物が不着だった場合は郵便局へ調査要求を出して買い手に状況を随時連絡する、返品リクエストだったら返送先の住所や、返金手順などを伝える、といった対応を英語で行う必要があります。

中にはキツいメッセージを送ってくる買い手もいますが、それは真摯に丁寧に対応しなければアカウントに傷が付きます。

そして返品になった商品ですが、これは仕入元に返品できるかを交渉しなければなりません。

商品はタグやメーカーシールなどが付いた新品状態でないと返品できませんので、もし不足するものが合った場合はヤフオク、メルカリに出品して裁かなければなりませんし、買い手には返金額を半額にしたりと交渉、調整して少しでも赤字を少なくします。

ここでも買い手とのやり取りは全て英語になってくるのですが、長年やってるといろんなケースに対応した実績が残ってくるので、それらをテンプレート化して返信するだけになってきます。

また様々なジャンルの商品を取り扱ってると予期せぬ商品が売れて、赤字になったり、航空便に載せれなかったりして、取引をキャンセルするケースも出てきます。

これらもキャンセル方法の手順がありますし、それらを淡々と処理するだけになってくるのですが。

しかしここでも多くの方はこれらハードルが乗り越えられずに挫折していってしまうのです。


次にそれらのハードルを乗り越えたとして、販売規模も月に30万円以上の粗利が出せるようになってくると、今度はマンパワーが足りなくなってきます。

日々多くの商品が売れてくると、仕入れ処理や、発送処理、顧客対応、在庫管理など、物の販売量が多くなれば比例してそれらも多くなってきます。

よく言われるのが外注化ですが、ここで誤ったことをする人が多いようで、それは外注さんの単価を安くしすぎるということです。

それぞれの業務の相場はランサーズやクラウドワークスを見ればわかるのですが、わたしはそれら相場の2倍、3倍のお給料を設定しています。

さらには売れ行きがいい月は、臨時ボーナスで3000円の金券やお中元などを送ったりしています。

それくらい外注さんには手厚く対応したほうがいいです。どんなに単純な作業であってもです。

物販をやってるとクレジットカードや仕入先のポイントが貯まりますよね。それらは全て外注さんにお礼として渡してもいいと思います。人は一番大切にするべきだと思います。


色々書いてきましたが、無在庫販売は要するにいかに細かいタスクをうまくコントロールできるかに尽きると思います。

リサーチや、出品数を増やすにはどうすればいいか、英語の壁をどうすれば乗り越えれるか、荷物が不着の場合の対応方法は、返品になった場合の対応は、返品された商品の処理方法は、外注さんとのコミュニケーションをいかに上手にするか、などなど。


わたしも無在庫ではなく有在庫もやってたりしますが、無在庫と比較すると有在庫がいかに簡単か分かります。

FBA販売なんて仕入れ先が確保できればあとはFBAに送れば勝手に売れていくので、日々行うのは仕入先にFAXして発注したり、商品にシールを貼って発送したり、FBAという自動販売機の補充をするだけの業務です。

さすがに仕入先の開拓は電話して取引可能か交渉する必要がありますが、これもやってることは同じことの繰り返しなので、マニュアル化すれば中学生以上であれば十分やっていけると思います。

中古カメラの転売もそうです。売れる個体が分かれば同じものを繰り返し仕入れればいいだけなので、それらの知識、実績を増やしていけば右肩上がりに売上は伸びます。


ということで無在庫販売という販売方式は一見簡単そうに見えますが、じつはとても難しいビジネスなんです。

しかし各種ハードルを乗り越えさえすれば、あとは月に40万、50万としっかりとした収入の柱になってくるのも事実です。



HARUを使っていただいているユーザーさんですが、上述の通り、1~2ヶ月で辞めて行く人が50%くらい、残りの25%くらいの方は1年以内に、そして残りの25%くらいの人が2年以上継続してビジネスを伸ばされていってる人のようです。

それくらい厳しいビジネスプラットフォームなんだと思いますが、継続は力なりという言葉にもあるように1ヶ月、2ヶ月で辞めるのはとても勿体ないです。

少しづつでもいいのです。少なくとも1年、2年は続けてみて、わたしも各種ノウハウを持ち合わせていますので、もし困ったことなどあればお声がけいただければ何かアドバイスができるかもしれません。

また「おもてなし」という多くの物販プレーヤーが集まるチャットワークのグループも運営していますので、参加されたい人はいつでもご連絡ください。



それでは本日はこのあたりで。

| 無在庫管理 | 11:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ebayに大量出品中です(解説図付き)

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。


まったく情報発信しておらず申し訳ございません。気がつけば今年も半分が終わろうとしていますね。

時間が経つのってほんとあっという間ですね。


現在進行系で色々な案件をやってるのですが、大きくは3つに分かれてまして、1つは物販で後に書くebayへの出品を強化しています。

また年末に向け少しでも売上を上げるために、来月からはamazon.com.auも始めることにしました。


もう一つはHARUの開発で、現在はebay自動連携機能を開発しておりますが、遅れに遅れておりなんとか今年中にはリリースしたいかなと思っています。

最新状況は随時twitter(@nomad_reryo)にアップしておりますのでよければフォローください。


最後の1つは投資関係ですが、FXに本格復帰しています。ブランクが5年以上あるので感を取り戻すところから始めていますが、加えて4月頃からはバイナリーオプションも始めたので、また軌道に乗ってきたらこちらも記事にしたいと思います。


さてタイトルにある通りebayの無在庫販売を現在強化しております。

ジャンルは明かせないのですが、リサーチして売れそうなものを選定しているのではなく、やってることはシンプルで、いわゆる5万円以上の高額商品を日本のネットショップの写真、情報をそのまま利用(英訳)して出品を増やしているだけです。

これにより4年近く放置していた$18万ドルの出品枠が徐々に埋まってきています。

目標としてはまずは単価$800くらいのものを500出品を目指していますが、現在200品くらいまできたのでそろそろリミットアップが必要な状況です。

大量出品の方法は下記にリンクするGoogleプレゼンテーションの1ページ目が全てなのですが、ネットショップ数社の商品情報を外注さんに集めていただいて(@100円)、外注さんが入力した共有シートの情報を関数を使って自分のシートに参照して、そこからFile Exchange用のCSVを出力してebayにアップロード出品するのと、HARU用のCSVファイルを出力して在庫管理登録まで効率的に行なえるようにしています。

外注さんが入力する共有シートを分けることで、ebayでいくらで販売しているのかといった詳細情報が知れることはないので安心です。

もちろんHTTPS対応やレスポンシブ対応(モバイルアクセス)を取り入れた出品ページが出力されるように作りました。その他英訳などもスプレッドシート内で自動でできるのでとても便利です。


また高額商品は1つ売れると取れる利益も1万円近く取れるので、外注さんにお願いしている@100円という単価も1つ商品が売れれば回収できてしまいます。

実際にまだ少ないですが月に5個ほど売れだしてきているので、あとは出品数を増やしていけば大きく伸ばしていけると踏んでいます。

このFile ExchangeやHARUのCSVを出力するスプレッドシートは、昨年12月まで発売されていたイーコマベースを改良したものなのですが、とても良くできているものなので非常に重宝しています。

もしご興味がある方はご連絡いただければ開発者の方に相談してみます。
(※7/1追記: 開発者に相談したところ、配布は完全に終了したとのことでした。申し訳ございません。)


外注さん~ebay出品(解説図)
https://docs.google.com/presentation/d/1Rnu1940Q8g1N2KtK17j4GNWzVjSK7UerklqNsNf1E0k/edit#slide=id.p


また来月よりamazon.auも始めるので、年末に向けた物販の状況は報告させていただきますね。


それでは本日はこのあたりで。


| eBay | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相変わらずな郵便局の窓口担当

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。


さて、最近おこった出来事でちょっと腹たったというか、納得できないことがあったのですが、今後輸出している他の人に役に立てばと思い記事に残させていただきます。

それはAmazon.comで売れたラジコンカーだったのですが、いわゆる組み立て式のラジコンカーと、プロポやバッテリーがセットになったキットです。

結局Amazon.comは無在庫で1万品以上の商品を出品しているので、こういうバッテリー同梱のような商品が勝手に出品されて勝手に売れたりすることもマレにあるわけなのですが、このバッテリーというのはゲーム機やデジカメなどに使われるリチウムイオン電池ではなく、ニッカド電池というラジコンカー専用の電池なのです。

一応売れたあとネットで調べてニッカド電池をEMSで発送したことがある人の事例や、知恵袋などでも発送可能との情報は調べられたので、そのままSAATSフルフィルメントに送ってもよかったのですが、発送代行会社経由でもし郵便局や税関で止められた場合を想定すると色々めんどくさそうだと思ったので、今回はまずは自宅に取り寄せ自分で梱包発送しようと思いました。

そして自ら最寄りの高◯中央郵便局に持っていったわけですが(一応名前は伏せてます)、ここでトラップに引っかかりました。

対応してくれたのは中年で小太りな女性職員だったのですが、こんな感じです。

わたし「アメリカまでEMSでお願いします」

職員「中身はなんですか?これ」

わたし「ラジコンです。充電式のバッテリーも含まれています。」

職員「リチウム電池ですか?」

わたし「いえニッカド電池です。インターネットで調べて機器に内蔵しなくても発送可能なことを調査済です」

職員「・・・・。ちょっとお待ちください」(といって奥の方から資料を持ってくる)

職員は発送禁止リストのようなものを見てるが、それらしきものが見つからないらしく、

職員「すみません、もう一回電池の名前を。」、わたし「ニッカド電池です」、職員「ミカド電池ですか?」、わたし「二!ッカド電池です!」

そして再度奥の方に下がっていって今度は電話を始めました。その間10分以上。そして戻ってきたと思ったら、

職員「国際郵便のコールセンターに確認しましたが、あちらでも分からないとのことでして、調べられた情報というのは郵便局のホームページのものですか?」

わたし「いえ一般の人が書かれたブログです」

職員「この電池はこれまで送られたことがあるんですか?いつもこちらの郵便局から送られてますか?」

私「いえ初めてですが、いつもは千葉の発送代行会社を経由して発送してます。最寄りの郵便局は船◯郵便局です」

職員「キバのフナコシですか?」

わたし「・・・・・・」


ちょっと思い出しただけで呆れてもう何も言いたくない気分になってきたので書くのは止めますが、その後船◯郵便局に電話したり、挙句の果てにはまずはメーカーに確認しないとと言い出す有様で、その日は土曜日だったしメーカーに確認なんてしてたら月曜以降になったのは必須です。

ましてやメーカーはそもそも輸出を想定して作ってないでしょうし、まともな回答が返ってくるとも思えませんでした。

さらにはニッカド電池はニッケルカドミウムの略だという情報を洗い出してきて、ニッケル水素電池(充電式の単3電池などで使われているやつです)は国内でも航空機で送れないので、ニッケルカドミウムも駄目なはずだと言い出す始末で、ニッケル電池の種類をちゃんと調べてきてくださいと無理難題まで突き渡されました。

また過去に高◯中央郵便局と同じ管轄の別の郵便局で、送ってはいけない物が含まれるものを受取ったことがあり、税関や本部から大きなインシデントが起こりうる事象として勧告を受けたことがあるので、送れるか送れないか不明確な物は受け取れないと突き返してきました。

再度イレギュラーがあった場合は全ての海外発送物が当管轄の郵便局からは送れないようにするという通達も来ているとか。


・・・・そんなのわたしに関係ないし、こちらは送れることを確認してから差し出してるわけですが。


30分以上押し問答をした挙げ句もうこれ以上何を言っても通用しないなと思ったわたしは発送を諦め、4kg以上ある荷物を持って車に戻ったわけですが、やはり納得できなかったわたしはいつもお世話になっているSAATSフルフィルメントへ電話してニッカド電池を送ったことがあるか確認しました。

そしたら案の定、問題なく送れてますとの回答が。(商品欄にNo lithium-ion batteryやOnly Ni-cd batteryと書く必要はあります)

非常に腹が立ってましたがSAATSからは送れることが分かったので、その日中にまた別の郵便局へ持ち込みゆうパックでSAATSへ送って、翌月曜日にようやく船◯郵便局より海外へ飛び立っていきました。


わたしも最初からSAATSに確認すればよかったのですが、今回のことで郵便局の窓口担当のレベルの低さが改めて思い知らされました。

皆が皆ではないですが、どこの郵便局もEMSやeパケットを持っていくとアタフタして待たされることが皆さんも経験があると思います。

送料の計算がおかしかったり、控えの伝票を渡し忘れていたり、とにかく海外発送についてはこっちが教育してあげないと育たないんです。

でも、こともあろうに日本郵政という超一流の上場企業に務める職員なのに、自分のところのサービスについてあまりにも知識がなさすぎだと思いませんか?

こんなレベルならスーパーのレジ打ち程度の時給でいいと思います。給料貰いすぎです。

もう少しプロ意識を持っていただきたいと切に願います。といっても改善されないのでしょうけど。


それでは本日はこのあたりで。


| Amazon輸出 | 12:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

早いもの勝ちの海外投資案件のご紹介です。

こんにちはRYOです、本日もお読みいただきありがとうございます。


今回も資産を増やす系のお話しになりますが、ちゃんと本業の物販やシステム開発もやっています。


しかし今回のお話しだけは急いで皆さんにお伝えしなければと思ったので、急遽ブログを書いています。


このお話しは説明会に行ける人は是非行って聞いてほしい案件なのですが、わたしのように地方の人で、なかなか動けない人でも個別にオンラインでzoomを使って説明を聞いていただき、ネットから申込みすることも可能なのでご安心ください。


内容としては、さっくり言うとアジアのある国の不動産デベロッパー企業が資金調達の一環として、我々のような個人投資家からも資金を集めているという案件なのですが、すでに主要なアジア諸国では先に始まっているところに今回新たに日本でも投資家を募っているという状況です。


その投資の詳細については説明会やオンライン説明でお聞きいただきたいのですが、投資に対するリスクは限りなくゼロに近く、逆に投資に対する効果が凄くて最短4ヶ月で2倍、最短1年で20倍になるという、おそろしい運用利回りなのです。


この企業は数多くのハイブランド企業とも提携しており、アメリカの株式市場にも上場しています。


また自国では有名な賞も受賞しており信用度はお墨付きで、世界から投資家が次々に投資しているので勢いのある企業なのは間違いありません。


そして今回10,000ドル以上の出資者には自国の視察旅行に無料招待(期間限定)という特典つき。


というと、パッと聞いたら怪しすぎる案件ですがw、そういうわたしもこの話に最初誘われたのが、今週4/2(月)で、翌日4/3(火)にzoomで説明を聞いて、次の日4/4(水)には1000ドル分、12万円を購入していました。


じつは4/3に一緒に説明を聞いた知人がいるのですが、その人も購入したくらいです。


それくらい真実味があり、効果が期待できると判断したわけなのですが、なによりこの案件は先行参入者ほど利益を得られるものだったので、迷ってる場合ではないと即決で1000ドルを投資した次第です。


仮に4ヶ月で2倍、1年で20倍になるとすると、4ヶ月で24万円、1年で240万円になります。

1000ドルは最小なのでさらに投資できる余裕のある人なら、例えば10000ドルできる人なら、4ヶ月で240万円、1年で2400万円です。


いつも思うのですが、日々の生活するためのお金は会社勤めや、自営業などで得られる給料で得るのが現実的ですが、生活費以上に稼いで貯蓄に回す余裕ができてきたら、老後までお金を寝かせてるだけではもったいないです。


インドネシア国営銀行の口座の記事でも書きましたが、日本の普通預金にお金を預けていても増えることはありません。


それら貯蓄の一部を投資に回して、お金に働いてもらうという選択肢もありだと思います。

それもローリスク、ハイリターンなら尚更です。


また世界中には投資の利益だけで豪遊している富裕層の人が沢山いることを事実ebayをやることで知ることができました。


彼らは我々には想像の付かない投資案件が次々に入ってくるポジションに常に身を置いており、投資で得た利益をさらに投資に回し、複利で利益を膨らませています。


今回の案件はそれら富裕層向けの案件の1つです。


チャンスの神様には前髪しかありません。


あれこれ悩んだり考えたりしている内に通り過ぎてしまいます。



今回の案件は本当にお勧めですので、ご興味のある方はLINE@グループに招待しますので、ご遠慮無くご連絡ください。


(次回zoomでの説明会は明日4/6(金)の21:30からの予定です。)



それでは本日はこのあたりで。

| 投資案件 | 17:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。