FC2ブログ

eBayでそろそろ海外ノマド生活

eBay、FXで自由な時間を作って、海外ノマドを目指します

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

プログラミングとわたし

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。

久しぶりの投稿になってしまいました。
並行していろんな案件が走っておりましておかげ様で事業のほうは順調に伸びています。(と思いたいです)

ビジネスの話しも色々書きたいことがあるんですがそれはまたの機会に置いといて、今日はわたしの人生におけるプログラミングの位置づけについて書きたいと思います。

プログラミングのルーツを語るには、まずファミコンが発売された1983年ごろまで遡りたいと思いますが、当時わたしは小学校3年くらいで、当時の小学生の遊びと言えばもっぱら公園で野球をしたり釣りにいったりと外での遊びがほとんどでした。

わたしは自転車が好きだったので日々いろんなところへ友達と自転車で走ってました。

そんなある年の夏にファミコンが発売されたのですが、最初はお金持ちの子供が買ったのでその子の家にみんなで押しかけて遊んでいたわけですが、ただ恐らく一大ブームが起こったこともあり大人も一斉に買ったので、あれよあれよという間に一家に一台のゲーム機になっていきました。

そんな訳で我が家にもファミコンがやってきたのですが、わたしの親はそういったデジタル品にはまったく興味がないほうだったので、わたしから買ってくれと何度もお願いして、ようやく渋々と買ってくれたと記憶しています。

そしてゲーム三昧の日々が始まるわけですが、出始めの頃のファミコンのゲームって野球とかテニスとかポパイとか、少なくともスーパーマリオが出るまではお世辞にも面白いと言えるゲームは少なく、遊んでも1時間くらいでやめて後はちゃんと宿題をやっていたものです。

そんな中買ったファミリーベーシックこそがわたしのプログラミングとの出会いとなりました。

ファミリーベーシックというのはいわゆるキーボード一体型のコンピューターなのですが、ファミコンに接続してファミリーベーシックを起動させるとBASICというプログラミング言語が入力出来て、そのプログラムを実行できるという代物でした。

ただ当時バリバリとそのBASIC言語を操りプログラミングしていたわけではなく、もっぱら本屋さんでファミリーベーシックのプログラムが載った本を買ってきて、自分で打ち込んで実行したゲームを遊ぶという使い方だけでしたが、入力する文字が1文字でも間違えているとエラーになるので、プログラムの中身を分かっていないわたしは、ひたすら最初から入力した文字に間違いがないか確認していく作業をやってました。

中には1000行を超える大作RPGみたいなプログラムもあって、間違いを探すのに3日かかったこともありました。

今思えば小学生の糞ガキが、なんと骨の折れる作業をしていたんだろうと関心してしまいます。

ただそんなことを繰り返していると、ほんとに徐々にですがよく出てくるIF文やGOTO文などの命令文の意味もおぼろげながら分かってきたりして、プログラムの中身というものを漠然と身につけれたんだと思います。

そんな風に雑誌のプログラムを入力して遊ぶのは中学生になってから買ったMSX2でも継続していくわけなのですが、話が長くなってきたので続きは次回にしたいと思います。


それでは本日はこのあたりで。
スポンサーサイト

| プログラミング | 18:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プログラマーという職業

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。

以前ブログにも書いたことがあると思いますが、今年の3月に会社員に戻り、現在はプログラマーをやっています。

これまでIT系の業界では、お客様先での保守、セットアップ員、メーカーのSE営業、メーカー営業と、どちらかと言うと外に出る仕事がほとんどだったのですが、今回は完全にオフィスワークです。

そしてまったく経験もないのにスキルアップのためだけに入ったと言ってもいいのですが、入ってから分かってきたことがいくつかあります。

まずは運動不足。

出勤して退社するまでほとんど座りっぱなしで、頭だけ働かせてるので、体が相当なまってきます。

そして、相当なハードワーク。

どこかのウェブサイトで読んだことがあるんですが、欧米ではプログラマーはまだ年収1000万を超える花型職業のようですが、日本では高度な技術が求められる割に単価が安く、長時間労働を強いられる、ブラック職業の代表になっている感があります。

わたしが担当してるプロジェクトはまだマシなほうなのでそれほどでもないですが、酷いところは毎日夜11時頃まで残ってたり、土日出社しても代休が取れなかったり、さらに残業手当も出ないとか、まさに社畜状態になっています。

実際人の入れ替わりも相当激しいので、実はわたしも次のステップに移ってたりしてます。


そこでわたしが出した結論としては、プログラマーという職業は日本の会社で正社員としてはやってはいけない職業だということです。

幸い現在は、会社員の給与だけでなく副業の収入もあるので、フットワークは軽いほうだと思っています。

ちょっと長くなりそうなので、次のステップについてはまた後日にしたいと思います。

それではまた。


| プログラミング | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やりたいことは山程あるんですが

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。

今後作ろうかと思っているツールとして2つあります。

1つはAmazonのセラーIDを入力すればそのセラーの出品一覧を抽出して、商品ごとのカテゴリ、ランキングを一覧表示、CSV出力するもの。

Amazonで売れているセラーの、売れ筋商品が丸わかりできるので、輸入、輸出、国内転売、海外転売、幅広く使えると思います。

これはPHPではなく、勉強も兼ねてJavaで組んでみようかと思ってます。

PHPだとどうしてもWebアプリになるので、これくらいの機能ならクライアントアプリで十分だと思ったのと、これは仕事関係の話しになるのですが、PHPよりJavaで開発ができたほうが今後仕事も多そうだからです。

自分は住んでいる地域性なのかもしれませんが、PHPよりJava、C#のほうが開発案件が多いようです。JavaでもJSP、サーブレットにすればWebアプリも組めますしね。


もう一つはeBayの出品ツールです。

NijuyonのようにASINを入力すればタイトル、画像、商品情報が自動で入力されて、Amazon商品でなくとも、SAATSコマースのように簡易的な翻訳機能もつければ、英語の商品ページは簡単にできると思います。

さらに出品画面はユーザーが用意したHTMLテンプレートも利用可能にして、あとは送料や発送方法などもリストから選択式にして、eBayにも直接出品できるようにAPI連携まで備えたいです。

全体の時間として1商品4~5分あれば出品できるツールが目標です。

こっちは色んなWeb機能を組み合わせるので、やっぱりPHPがいいですね。


料金としては前者は勉強代も兼ねてるので、無料でいいかと思ってます。

ただし拡散コピーされて誰が使ってるのか把握できない状況は防ぐ必要があるので、Web認証くらいはつけるようにしたいです。

そして後者は利用ユーザー層としてはeBay初心者もターゲットにしてるので、月額課金で2,000円くらいが妥当なラインかと。

現状HARUはセリングリミットがある程度増えた中級者以上の、しかも無在庫販売をしているセラー向けと、非常に狭いユーザー層をターゲットにしていますが、出品ツールであれば初心者にも使ってもらえるものなので、ユーザー層を広げる狙いもあります。


しかし、今の仕事は忙しくとにかく時間がありません。

じつはまた転職も考えてたりしますが、それはまた今度話したいと思います。


それではまた。

| プログラミング | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プログラミングについて

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。


eBayという物販ビジネスのブログなのに、プログラミングについて書くのはどうなのって感じもあるかと思いますが、HARUを開発出来たのもプログラミングを身につけたからなので、今日はプログラミングの魅力や可能性について考えてみたいと思います。

まず世に言うプログラマーというのは3つのタイプに分かれると思います。

1、企業に属して働くプログラマー
2、フリーランスで働くプログラマー
3、自分のサービスを立ち上げ、運営してるプログラマー

どのタイプもプログラミングをすることで対価を貰うことが出来ます。


プログラミングをしてて疲れないか?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、プログラミングって覚えるとすごく楽しいです。

わたしはRPGゲームとか大好きなんですが、プログラミングはゲームと似た感覚があります。

1日中好きなゲームをやって、クエストをクリアーしたり、アイテムをコンプリートしたりしてるのと、1日中プログラミングしてるのは、おなじ感覚です。

まぁ上記1に属するプログラマーは楽しくないものを作ってる人もいると思うので、全ての人がそうだとは限りませんが、多くのプログラマーは自分の好きなことをやって稼いでるのです。


そんなプログラマーが生み出すプログラム、アプリは主人の命令通り、本当に忠実に動いてくれます。

わたしが作ったHARUですが、利用人数は公開できませんが、商品数ではトータル約5000点を全て6時間ごとに確実にチェックしてくれてます。

これを人にお願いしてたら、1日で嫌になって辞めていくと思います。


アイアンマンという映画はご存知でしょうか。主人公のトニーはテロリストに拉致され、脱出するために武器を開発すると装ってアイアンマンのパワードスーツを開発して、悪と戦うというストーリーですが、トニーの日常ではいつも地下室の作業場でコンピューターの相棒ジャービスと共に仕事をしています。

基本的なアイデアはトニーが考え、作業的なものやデータ収集などはジャービスにやらせています。

ジャービス自体もトニーが開発したプログラムですが、トニーはアイデアを生み出し、ジャービスとともに画期的なものを開発していく、そんなワークスタイルです。

話がそれましたが、こういうワークスタイルもプログラミングができれば、近いものを作り上げることも夢ではないと思います。


わたしもトニーのようなワークスタイルを目指したいところですが、プログラムは、主人の命令を1日も休まずに従順に続けてくれます。

やろうと思えば、Amazon.jpとAmazon海外の価格差、ランキング、FBA出品者などの情報を自動で集め、売れそうなもの、利益が出そうなものを自動で出品、在庫がなくなれば自動で出品を停止、そんなプログラムも組めると思います。


わたし自身はまだまだ駆け出しのプログラマーですが、1年前まではもっと初心者でPHPという言語はまったく分からなかったのは事実です。

以前のブログでも紹介したことがありましたが、右にバナーも貼ってあるハルジオンさんのWEBプログラム講座は本当にオススメです。

あとは補完として、以下2つの書籍を購入したのみです。

「たったコレだけでPHPプログラミングが理解できる本」
http://goo.gl/mGpWWC

「PHP逆引きレシピ 第2版」
http://goo.gl/To3l5c


もしこれから始めようって方がいれば参考にしていただければと思います。


それでは本日はこのあたりで。

| プログラミング | 12:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プログラミング技術

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。


さて、わたしは前職ではIT系の営業を4年ほどやっていました。さらにその前はSEを5年ほど。さらにその前はPCのセットアップ、修理を7年やっていました。

サーバーやネットワークといったインフラの構築はある程度経験があったのですが全てWindows系で、オープン系は趣味でFree BSDやLinuxを触る程度でした。

さらに言語はIBMのRPGというレガシーなプログラミング言語はさわっていたのですが、これまたオープン系のC、JavaやPHPなどはさっぱり使ったことがありませんでした。


そんなプログラミングでは素人レベルのわたしでしたが、今回、無在庫管理ツールをPHPで組めるようになったのは、ハルジオンさんのWebプログラミング通信講座を受講したためです。

たぶんこの方の通信講座を受けず、市販のPHPの入門書を使って独学で勉強していたら、間違いなく途中で投げ出してたと思います。

それくらい体系的にそして実践的にWebプログラミングが学べました。

前提として、さくらインターネットや、ロリポップなどのレンタルのサーバーが必要です。
(PHPとMySQLが既に使える状態のサーバーが必要です)


もしご自分でWebプログラムを作ってみたいと考えてる方がいれば、ハルジオンさんの講座はお勧めです。
(↓アフィリエイトになっています。わたしから購入したくない方は直接WEBで検索して購入してください。)







無在庫管理ツールの開発エピソードはまた後日書きたいと思います。

それでは本日はこのあたりで。

| プログラミング | 10:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |