FC2ブログ

eBayでそろそろ海外ノマド生活

eBay、FXで自由な時間を作って、海外ノマドを目指します

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

輸出ビジネスと消費税還付について

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。


2020年最初の記事になりますが、本日は輸出ビジネスについて、わたしの考えを書きたいと思います。

ebayやamazonで輸出販売を行われている方はご存知かと思いますが、消費税還付が受けられます。

これは仕入時に支払った消費税10%が戻ってくるもので、月に100万円の仕入れをしていれば10万円が戻ってくる計算になります。

課税事業者として届け出が必要な点など細かい説明は省きますが、この消費税還付がある限り輸出ビジネスが最強だと思っています。

最近逆のパターンで海外で仕入れたものを国内で売る輸入に挑戦しているのですが、輸入の場合は国内で販売した売上の10%は消費税として納付しなければなりませんから、必然的に利益率が悪くなります。

この10%というのが輸入の場合は非常に重くのしかかるもので、100万の売上なら10万円、1000万円の売上があれば100万円を納付しなければならないのです。

商品を販売していれば当たり前のことですが、やっぱり利益率が10%減るのは痛いです。

その点輸出であれば消費税の納付はなく還付として収益が増えるのですから、やらない手はないと思います。

ましてや日本の人口は今後、少子高齢化のため8000万人まで減少すると予測されています。30年続いた不況のせいで消費が冷え切っている上に、増税や増え続ける保険料、年金納付額など、
いくらEC市場やスマホでの買い物が流行ってきているとしても、今後は縮小していく市場なのは間違いありません。

少し話は反れますが、先日ハワイに旅行に行った際に痛感したのが物価の高さなんですが、それって日本が他の国にアドバンテージを付けられただけなんだと後から考えて気づくと同時に情けなく思いました。
確かに日本は安くて美味しいものが食べられたり、品質の良いものが買えたりしますが、海外の人から見れば日本はまさに楽園状態なだけであり、昨今多くの外国人が日本へ旅行しているのはそういう側面もあるんだと思います。

そういう意味で日本から海外へ、物も人も出て行ったほうがいいのは間違いありません。

最近は輸出プレイヤーも増えてきて利益が取れないと撤退してしまう人を多く見かけますが、たとえ価格差の利益が取れなくても、消費税還付が受けられるギリギリのラインで販売すれば利益が取れるわけですから、薄利でも単純に仕入量、販売量を増やせばいいんです。
撤退するのは早計だと思います。

国内で販売している人で今は順調であったとしても今後は厳しくなる方向は述べた通りですので、少しづつでも輸出に取り組んでいくほうが、利益の確保、税金への節税対策にもなってきます。

わたしも昨年から輸入も含め色々と挑戦しており、先日のブログでも書きましたが全体売上をアップするため輸入も継続していきますが、やはり輸出は継続していこうと、むしろさらにボリュームを大きくしていこうと、より身を引き締めた2020年初頭です。


それでは本日はこのあたりで。
スポンサーサイト




| 目標設定 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

事業の柱の構築と安定化

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。

さて久しぶりにブログを書いていますが、時期的にはホリデーシーズンですね。

みなさんの物販の状況はいかがでしょうか?


わたしのほうですが、物販に関しては横ばいが続いておりまして、横ばいといっても右肩下がりになったプラットフォームを他のプラットフォームで補うといった状況が続いています。


まず昨年まで好調だったamazon無在庫輸出ですが、前年比では1/3以下にまで売上が下がってしまいました。

理由は色々あると思いますが、1つにはamazon.comのメーカー規制が厳しくなり、これまで売れ筋だった商品がことごとく売ることが出来なくなってきた点があります。

また技術的にはPA-APIというツールで利用するAPIの1つが、今年前半に使えなくなってしまったことも大きな要因として捉えています。

なんとかMWS-APIだけで動かしていますが、PA-APIが使えないと最安値を取るための条件に縛りができてしまい、カート取得率が低くなくなってしまいます。でもこればかりはどうしようもないと諦めています。

その分を取り戻すために今年新たに始めたのが、amazon.comのFBA販売と、輸入販売です。

どちらも今年後半になってから始めたので、まだまだこれからの状況ですが、有在庫ならではの手堅さがあり順調に進んでいます。

どちらも商材を公開することはできませんが、最近になって通っていた地元地銀からの融資も降りたので、今後は仕入れとスタッフを増やして、さらにドライブを掛けるべく準備を進めている段階になっています。

話しは反れますが、これまで物販は輸出(または国内)に絞っていた理由としては消費税還付が大きくなる点があったのですが、事業として捉えた場合には、消費税還付よりも単純に売上をアップして業績が安定するのであれば、輸出にこだわらず輸入も取り入れて、そのほうがよりメリットが大きいと思い今回輸入にも挑戦することにしました。やはりビジネスは不安定だと長続きしませんからね。

じつはこの1週間はある国まで買付けに行ってきたのですが、これがかなり手応えのある商材と商流が確立できそうなので、無在庫/有在庫、輸出/輸入を組み合わせれば、物販に関してはこれから益々伸ばしていけそうだと実感しております。


また今後の事業の柱としては、物販の他にはHARUなどのシステム開発も注力しており、来年はさらに力を入れてHARU以外のツール開発も手掛けていきたいと思います。

そしてもう1つの柱としては投資関連も可能性を感じており、現在まだまだ仕込み段階ではありますが、安定して収益化できるように水面下で準備、検証を続けています。


といった感じでポジティブなことばかり書きましたが、実際のところは山あり谷ありの連続だったりします。

ですがやり甲斐や可能性は会社員の頃に比べれば間違いなく大きいので、来期会社化して4年目になりますが、まだまだこれから気を引き締めてがんばりたいと思います。


それでは本日はこのあたりで。

| 目標設定 | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いくら稼げば良いのか(+お知らせ)

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。


本日はタイトルの通り、個人事業主または法人化して、どれくらい儲けるべきかについて、わたしなりの考えを書かせていただきたいと思います。今回は計算を単純にするため個人事業主だった場合で考えてみたいと思います。

よく月収○○円、年収○○○円といいますがそれらは各種税金、社会保険を差し引く前の金額を言うのが一般的だと思います。


仮にサラリーマンで月収40万であれば、個人事業主では自分で所得税や年金、健康保険を収めますので、同額の月利40万くらいが同じ収入レベルになってくると思います。

ただサラリーマンにはボーナスがありますので、年2回(夏2ヶ月分 + 冬2ヶ月分)も支給されると考えると、40万x12ヶ月 + 40万x4ヶ月 =年収640万円 ということになります。

一方、個人事業主にはボーナスはありません。サラリーマンと同じ年収640万円と同じ収入レベルになるには 640万÷12ヶ月 =53万円の月利が必要ということになります。


さらにはサラリーマンには退職金というものも支給されます。例えば大学を卒業した23歳から定年になる65歳まで約40年間勤め上げたとすると企業規模にもよると思いますが、どこかで見た統計情報では日本企業の約8割では退職金制度があり、
平均すると2000~3000万円は退職金が出るということなので、一番低い水準の2000万円で考えます。

それをさきほどの年収に上乗せして考えると、640万円+(2000万円÷40年) = 690万円の年収があるということです。

個人事業主の場合で退職金も含めて稼ぐには 690万円÷12ヶ月 =月利57万円です。


他の個人事業主のみなさんがどうお考えなのか、あまり話したことはないのですが、自分的にはこの月利57万円を超えていなければ独立する意味、魅力は薄れていくものだと考えています。

わたしも21歳から39歳までサラリーマンをしていましたが、最高年収はたしか700万円くらいまでいきました。しかし複数回の転職や派遣社員を経た成り上がりだったこと、定年まで勤め上げなかったことやリーマンショック後で景気も悪かったせいで、
退職金は100万もありませんでしたが、それでももし定年まで勤めていれば1000万円は出ていたでしょう。


独立した時にはサラリーマンを続けていた場合と同じ収入レベルを目指すのが当初の目標としていましたので、(700万円+ (1000万円÷40年))÷12ヶ月 =月利60万円 以上は稼がないと独立した意味はないと思ってました。

そして約5年を経てようやくというか、昨年あたりから安定的に月利60万円は超えるようになってきましたので当初の目標はクリアーしてきてはいるのですが、ただし安定というにはまだまだほど遠いと感じています。


現在、物販、システム開発、投資関係の3つのビジネスを行っていますが、収入的には物販>システム開発>投資、の順番になっています。


複数のビジネスを同時に進めるとそれぞれの効率やスピード感、成果は悪くなってしまいますが、一番のリスクは1つの事業、1つのビジネスしかやっていなかった場合、それが傾いてしまうと即収入がゼロになってしまうということです。

個人事業主にはその危険性が常に付きまとっています。収入がゼロになると生活が立ち行かなくなり露頭に迷ってしまいます。わたしも家族がいますのでそれだけは絶対に防がなくてはなりません。


ではそれぞれのビジネスでどれくらい稼げば良いのかですが、わたしとしてはそれぞれ50万円の月利が必要だと思っています。月利50万円のビジネスが3つあれば150万円ですが、仮に1つが収入ゼロになっても100万は月利が残ることになります。

100万あれば露頭に迷うことはまず有りませんし、次なるビジネスを開拓、成長させていく余裕も十分にあるると思います。


ですので当面の目標としては月利50万円のビジネスを3つ作り上げることです。さらにそこから先は特に考えていませんが、会社を大きくしたり大きな資産を築き上げることにはあまり興味はないので、結局は家族やスタッフが幸せに暮らせていけるのであればそれでいいんだろうと想像しています。

が、ただ最近は経営者としての視点というか、ビジネスを伸長させる楽しさや、モノづくりのやりがい、心地よさを改めて実感していますので、いくつになってもビジネスマン、エンジニアは続けているんだと思います。


ということでまだまだがんばります!

それでは本日はこのあたりで・・



・・・ではなく、本日はお知らせがもう1つあります。


ビジネスの1つの物販に取り入れようと考えているのが最近流行のAI技術です。すでに金融や医療の分野ではAIにより一部業務が置き換えられているようですが、とうとう物販にもその波が押し寄せてきたようです。

ITやテクノロジーの進化は我々人間が想像できる域をとうに超えていると常々考えていますが、物販にAIというキーワードは今回初めてだと思うので、情報は集めておくに越したことはありません。


ちらっと聞いた話しでは、リサーチや出品、発送指示まで、人の手は完全に離れてAIが勝手に販売してくれるというもので、そんな画期的はツールがあの紙さんの元リリースされようとしています。

どういうものかわたしも気になったので早速登録してみました。情報収集だけは無料なので気になる方は登録してみて、よければ今後情報をシェアしましょう。

ご登録はこちらから
https://bit.ly/2ONHZqj
 ※ 利益ザクザクツール トライアル版付き



それでは今度こそ、このあたりで。

| 目標設定 | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HARU今後の予定と事業計画

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。


HARUのほうですが、現在はeBayの自動出品停止、自動再出品機能を開発しております。

これまで手動でのEnd Item、Relistは出来ましたが、それを拡張して、登録している商品の在庫が無くなれば、自動的にebay側の商品を停止、再出品します。

ただ普通にEnd Item、Relistを繰り返すとMonthly Limitを使用して在庫あり、無しのたびにリミットを使用してしまいますので、出品個数を0個に変更するようにしたいと思います。

完成は10月末を目指して開発しており、完成後はベータテスターを若干名募集したいと思います。

また進捗ありましたら連絡させていただきます。


そして会社のほうですが、はや9月も終わり10月からは後半戦に突入しています。

今期は起業1期目ということもあり、諸々の足場固めに時間を要している面もありますが、売上利益ともに増やして2期目に繋いでいきたいので、今期の事業計画としては以下の3つの柱構築を目指しています。

1つ目はWebのサービス、ツールの開発で、HARU以外としてはイーコマベースというeBayのFile Exchangeファイルを簡単に作成できるツールと今回コラボさせていただいており、こちらのリリースが10月末に控えております。

また新たなツール開発の構想もあり徐々に準備中です。

2つ目は物販事業で、プラットフォームはebay輸出、amazon輸出、amazon国内の3つで、ebay輸出についてはこれから高額の中古商品を無在庫で数多く出品しようとしています。

やはり高額商品は利益額、利益率も高いですし、顧客も富裕層の人が多いため、クレームや返品が少ないと聞いて参入を決めました。

これも上記イーコマベースを利用して出品、価格改定などを行う予定です。

加えて、amazon輸出は現状維持ですが、amazon国内のほうは全てFBA納品で、メーカー仕入れ、卸仕入れを開拓していきます。

やはりamazonという市場は参入のしやすさから、多くの個人の方が参入しているので、そこにアドバンテージを持たせるには上流からの仕入れが大前提だと思いますので、さらに強化、売上げアップを目指します。


最後に3つ目の事業ですが、これは将来的には開発や物販以上に大きくしたいものなのですが、子供向けのプログラミング教室を手がけたいと思っています。

昨今ようやく注目を集めてきたようですが、まだまだ認知度や理解度が低く、2020年から小学校で必須科目になると言えど学校の先生が兼任で教えるのでは身につくレベルも低くなると思います。

まだ都会であれば質の高い教育ができるのかもしれませんが、わたしが住む地方の小都市などは恐らく教科書通りにやって終わりというレベルになるのかなと想像しています。

これには我々も手探りで推し進めている段階ではありますが、プログラミングという技術そのものよりも、プログラミングをすることで得られる思考力、問題解決能力、そしてプレゼン能力を後押ししてあげることが重要かなと考えています。

今は民間のプログラミング教室のお手伝いをやっているだけで、まだまだ事業化には程遠いレベルですが、長期的にどういう風なビジョンにするのか、コンテンツはどういうものにするべきかなど、検討しながら推し進めていきたいと思います。


それでは本日はこのあたりで。

| 目標設定 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年度の目標設定

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。


4月より会社をスタートしてはや1ヶ月が過ぎようとしています。

先日スタート早々倒れたのは誤算でしたが、なんとか体調は回復してきております。

先日税理士さんと打合せをしてきたのですが、会社の代表と言っても会社から給料を貰う立場なので、毎月の給与(役員報酬)を決める必要があるということでした。

その役員報酬は1年間は変更が出来ないのですが、どれくらいの役員報酬を受取るかは年間の売上高よりいかに税金を節税できるかをバランスを見て算出します。

役員報酬は経費として扱えるので、役員報酬を多くすれば利益は減り法人税は安くなります。

代わりに給与所得が多くなるので個人にかかる所得税は増えます。

ただわたしの会社はわたしと妻と身内の3人を取締役にしましたので、給与を分散させれば、法人税を抑えて、尚且つ個人の所得税も抑えれるという効果があります。

さらに、経費として認められる内容も個人事業主と比べて幅が広いので、例えば車を購入すれば全てを会社経費で計上できるので、結果的に支払う税金は少なくできます。

とはいえ儲かってなければ節税もなにも関係のない話しになるので、ちゃんと計画を立てて確実に実行し、会社を育てていく必要があります。

そこで今年度の目標設定なのですが、事業としては物販とツール開発の2つがありますが、物販はebay輸出、amazon輸出、amazon国内の3つがありますので、それぞれを細分化した内容としては以下になります。

まずebayですが出品枠がかなり余ってるので、ある特定ジャンルの商品を無在庫出品して埋めたいと思います。
そのジャンルは高額商品の部類に入るものなのですが、ライバルも少なく買い手も富裕層が多いので、クレームも殆どなく、安定すれば月に20000ドル以上の売上は確保できそうです。

次にamazon.comですが、これはアマコンのツール1本を稼働させるだけです。実際に現状でも1日に1~2個売れており、3月の利益は15万くらい出ました。今月もそれくらいになる見込みです。

ただアマコンはリスクも大きいツールで、出品数を増やせば増やすほどそのリスクは大きくなってくるので、これ以上膨らませることはせず、現状維持のまま出品の見直しなど適宜行うのみにして運用しようと思います。まぁ毎月のボーナスって感じです。

※アマコンは本当に安定していて、お勧めできるツールだと思います。
  右(→)のリンクからお申込みいただければ割引価格でご利用いただけます。


そして最後が本命なのですが国内amazonのFBA有在庫販売です。

4月になって会社をスタートしたと同時にすでに取り組んでいますが、amazonでよく売れているランキングの高い商品をリサーチして、そのメーカーへ直接コンタクトして仕入販売が可能か交渉しています。

まだまだ開拓中ですが、株式会社にしたことによる信用力のおかげか、少しずつですが契約をいただいています。

今後取引先が増え仕入量が多くなれば資金も必要になってくると思いますので、融資の申請準備も徐々に進めています。

しかし肝心かなめのamazonのアカウントがまだ評価0の新規出品者なので、まずはアカウントの育成から行っていたりします。

ただ、このメーカー仕入、amazon販売をわたしに教えをいただいている方は、amazon販売だけで月商1000万を超えており、1年2年時間を掛けてその方のレベルまで追いつけるようじっくりと進めていきたいと思います。


ということで今年度目標の売上高など具体的な数字も決めていますが、必ず目標を達成して、今年度の中で経費として車を買い換えようと思います。

また各ビジネスの状況は個別に書いていきたいと思います。

それでは本日はこのあたりで。

| 目標設定 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT