FC2ブログ

eBayでそろそろ海外ノマド生活

eBay、FXで自由な時間を作って、海外ノマドを目指します

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なにが売れるのか

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。


色々と書きたいことはあるのですが、10月はアルバイトを入れたせいで超多忙になってブログを書いてる時間がマジでありませんでした。

でも今日が最終日だったので、明日からはネットビジネスオンリーでがんばります。

(またホリデーシーズンが終わったらアルバイトするかもしれませんがw)


さて本日はeBayで何が売れるのか考えてみたいと思います。

というより、わたしがこれまで実践してきた方法のおさらいと、ちょこっと見つけたTipsの紹介です。


わたしはほとんどの商品が無在庫販売ですが、まず最初はeBayで他のセラーは実際に売ったものをピックアップしていきます。

1つでも売れていれば、ボリュームは小さいかもしれませんが海外でニーズがあるということなので、利益が自分の期待する金額を満たしていて、仕入可能であればとりあえず出品するようにしています。

ただ、出品するジャンルは問いませんが、ブランド品や、5kg以上ある商品はリスクも付きまとうので除外しています。

電化製品などでは100Vしか対応してない、日本語表示しかできない、リチウム電池を内蔵しているなどの商品もあるので、それらは予め全て調べて、商品ページにはキッチリと説明を書く必要があります。

そんな感じで様々なジャンルの商品を無作為に出品していると、こんなものが売れるのか!という意外な商品も出てきます。

時には、とにかくよく売れる売れ筋商品に出会うこともあります。

そういった商品は、それに付随するオプションや、上のグレード、価格帯のアップセル商品、また同じ機能を持った別メーカーの商品も売れる確率が高い傾向にあると思います。

さらに、売れるメーカーというのも中にはあります。そのメーカーの商品であればどんなジャンルでも、そのメーカーのロゴが付いてるだけで売れるのです。

こういう商品やメーカーは、無在庫でジャンルを問わず数を多く出品しないと見つからないと思っています。

そうやって多く出品を続けていると、バカ売れする商品、1~2ヶ月に1個程度しか売れないロングテールの商品、3ヶ月以上まったく売れない商品に分かれてきます。

バカ売れする商品は悲しい運命ですが、他のセラーが嗅ぎつけて真似て出品され次第に売れなくなってきますので、1~2ヶ月に1個、そして3ヶ月以上売れない商品に変わっていきます。

その場合は出品を下げて役目を終えてもらいます。

3ヶ月という期間が大体目安で、3ヶ月売れなければ出品を下げます。

その代わり新しい商品も常に出品続けていくので、商品が新陳代謝のように入れ替わっていきます。

これがわたしの無在庫販売の中身です。


あと、最近気がついたのですが、SAATSコマースの落札管理という画面を見た際に、面白い傾向を見つけました。

SAATSコマースではeBayのSold一覧から自動で売れた商品をインポートして一覧表示してくれるのですが、その中に「購入サイト」という独自の表示項目があります。

購入サイトというのは、バイヤーがどこの国のeBayにアクセスして商品を購入したかということのようです。

基本的にわたしはeBay.comにしか出品していませんが、この購入サイトを確認すると、カナダ、オーストラリア、ドイツ、フランス、イギリスなど他の国のeBayから購入されていることが分かります。

もちろん出品時に、$0.5のeBay.uk(+複数国)へ出品するオプションも付けてはいません。

そしてその面白い傾向というのは、これら他の国のeBayサイトで売れた時は、続けて別商品も売れていることが分かりました。

顕著な例として、この時はオーストラリアで全く違う商品が4つ続けて売れています。

20141030.png


おそらくですが、世界のeBayサイトでは自国の出品商品を拡充するため、一時的にeBay.comに出品されている商品を、セラー単位でいくつか引っ張ってきて掲載しているのだと思います。

その掲載時間は1日程度だと思われますが、一時的に掲載されるだけで一気に売れたのであれば、継続的に掲載させればさらに売れる可能性も高いのではないでしょうか。

これはまだ実践してないのですが、売れた商品を直接その国のeBayサイトにコピー出品してみて、はたして売れるのかというテストも兼ね、ホリデーシーズンに向けたプランの一つとして実践してみようと思います。

SAATSコマースの意外な使い方を見つけた気がします。


今でも、何が売れるのか、そしてどこで売れるのか、はなかなか見つかるものではないと思っていますが、こうやって日々の積み重ねの中から生まれてくるものもあると思っています。

さらに精進して売上を伸ばしていきたいと思います。


それでは本日はこのあたりで。
スポンサーサイト

| eBay | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無在庫管理ツール HARU Amazon API連携機能

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。


このブログを見ていただいている方の人数は把握できてないですが、同じ内容を配信しているメルマガのほうは現在40名ほどの方がいることは分かっています。

ただ、配信スタンドのまぐまぐの仕様?なのか、人数は分かってもどのメールアドレスに配信されているのかは、配信者は分からないのです。

「いつも読んでるよ」って言ってくれる人は分かるのですが、その他の人に対しては果たして有益な情報を配信できてるのかと、不安になることもあります。

もしご意見やご要望などありましたら、何なりとご連絡いただければうれしいです。


さて、10月になってから開発を始めた、HARUのAmazon API連携機能について、本日は書きます。

API連携といっても、追加される機能は一つだけなのですが、例えばAmazonのAという商品が10,000円だったとして、翌日その商品が10,010円に10円だけ値上げしたとします。

これまでのHARUでは、単純に商品ページのHTMLに含まれる10,000という文字列を監視しているだけなので、そのAmazonの商品が10,010円になったとしても、10,000という文字列が無くなったとしてアラートを出していました。

(逆に10円下がってもアラートは出てました)


10円とか100円の変化はAmazonでは日常茶飯事で、その都度アラートがあがるのはうっとしいだけでした。

今回はその点を回避すべく、あらかじめAmazon.co.jpのアソシエイトID、アクセスID、シークレットアクセスキーを取得いただければ、それらをHARUに登録することで、Amazon API機能が有効になり、細かい値上げでのアラートが出なくなります。

これらのアカウントはAmazon.co.jpで無料で取得できます。


メニューの設定項目
20141022a.png


アカウント登録画面
20141022b.png


その後、商品登録画面にはAmazon商品のASINコードと、アラート上限範囲の入力が可能になります。
20141022c.png

例えば商品Aの価格が10,000円だったとして、10,500円を超えるまではアラートを出したくなければ、アラート上限範囲には500円を設定すればOKです。


この機能がようやく稼働可能ところまで組めたので、今は200品くらいでAmazon商品を正常に監視できるか最終のランニングテストを行っている段階です。

問題なければ、サービス稼働中のプログラムにも適用したいと思います。

でも大体は問題が出て、リリースが送れるのですが・・・。がんばります。


それでは本日はこのあたりで。

| 無在庫管理 | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

戻ってきたヘルメット

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。


先日のブログでも書きましたが、9月に販売した商品のクレーム、返品が7~8件あり、その対応で気分が重い毎日ですが、その中の1つヘルメットについての進展について書きたいと思います。


このヘルメットはeBayで販売し、サイズが合わないということで、わたしは14日以内であればすべての商品で返送料はセラーが払うポリシーにしているので、返送料はこちらが払います。


まず戻ってきたヘルメットですが外箱は無くなっており、UPSPの$8くらいの箱に入って送られてきました。


内箱は良い状態でしたが、箱の全体から強烈な香水臭が出ており、内箱を開けてヘルメットを包んでいるソフトカバーも凄い匂いを放ってます。


そしてヘルメット本体はとても綺麗でしたが、少しだけ香水の匂いが移っています。

これは内箱の中に香水を大量に掛けたんだと思います。なんでこんなことをするのか理解できません。

買い手には、返送料は払うが、香水臭くて再生できないので$30をマイナスするということで、了解もらいました。

実際には内箱は捨てて、ソフトカバーだけ洗濯すれば、香水臭はなくなると思うので、eBayでNear Mintで再販しようと思ってます。


あと、お金に関しては、ヘルメットがアメリカから輸入されたという扱いになったようで、関税がかかってしまいました。

正確には関税が2200円、地方消費税が3800円、郵便局の納税手数料が200円、合計6200円です。

あまりの高額に、郵便局の配達員が請求してきた時は「え”っ」て思いましたが、後で返還を求めればいいと安易に考えその場は支払いました。

支払ったあとに課税通知書をちゃんと読んでみると、「この税金について疑問のある方 (中略) は納税しないで表記の税関までその旨を申し出てください。」とあります・・・

もう支払ってしまったので、返還は無理??と思ってましたが、、


そして、今日、直接大阪税関へ電話して、アメリカへ販売したものが、サイズ違いで返品になったのになぜ関税がかかるのか?と問合せてみました。

電話に出た税関の担当者はとても丁寧に対応してくれて、結論からいうと還付申請は可能なようです。

申請に必要なものとしては

・輸出許可書、またはEMSなど送り状の伝票控え
・メイドインジャパンを証明出来る写真、書類
・サイズが合わず返品になったまでの、経緯を証明できる、買い手とのメールやりとり文面コピー
・販売サイト(eBay)の商品ページのコピー

を準備して送付すれば、還付可能審査いただけるとのことでした。

ただし、既に納税済みで、国庫に入ってしまったお金なので、返還には通常よりも手続きがおおく、短くても1~2ヶ月はかかるとのこと。

どの資料もすぐに準備できそうなので、国には申し訳ないですが、税金を取り戻したいと思います。


でも疲れます・・・w


それでは本日はこのあたりで。

| eBay トラブル/クレーム | 11:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マッサージチェアの輸出

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。

以前もブログに書いたことがありますが、eBayで知り合ったオーストラリア人へ直接販売しています。

今回はなんと過去最高価格、しかも最高重量です。

それはずばりPanasonicの最新最上位モデルのマッサージチェア EP-MA85M-E。重さは約100kgです。

http://goo.gl/EIz4CN

なにやら、先日日本に来た時に川崎のヨドバシカメラによって、このマッサージチェアを試用したところ、えらく気に入ったのでベトナムの実家にいる母にプレゼントしたいそう。

セレブはやることが次元が違いますね・・・

でも今回ばかりは、はいはいそうですか、といつものように自分の利益を乗せて、送料を割り出し、インボイスを送るのは無理です。

まず調べたのはベタですが日本郵便とヤマト運輸。やっぱりというか重さでアウトです。彼等は小包しか送れないようです。

次にあたったのは外資系のFedexとDHLといったクーリエサービス。こちらは航空便ですが15万円ほどの見積りが出ました。

ただDoor to Doorが基本なので、宛先の自宅に入り、部屋の所定場所まで運搬してくれるかは不明なので、もう少し宛先国の事情も確認する必要がある模様。

もう一つあたったのは、$箱のチャットワークで同士の方に教えてもらったこのサイトで、フォワーダーに合見積を取りました。

http://boueki-navi.com/


翌日に1社から回答があり、現在見積を作ってもらってます。こちらは船便でも自宅部屋への配達でも、柔軟に対応してくれるとのことなので、期待できそうです。


実際に見積りが出てからですが、商品に利益を乗せて、オーストラリア人の了解が得られれば、マッサージチェアの初輸出となります。

いろいろと手間がかかってますし、単価が大きいので、10%くらいは利益をいただきたいものですが、さてどうなることでしょうか。

また時間があれば、結果は報告させていただきます。


それでは本日はこのあたりで。

| 直接取引 | 01:51 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

返品、クレームの嵐

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。

ここのところ公私ともに忙しくしております。

1年前の今頃は、ちょうど娘が生まれる時で、妻を定期検診で病院に連れていったり、生まれたら生まれたで入院荷物の運び役でいったりきたり。

でもあの頃はeBayはリミットが少なく、なにもできなかったのでまだそこまで忙しくは無かった気がします。

あれからもう1年。1歳の誕生日を迎え、早いなぁと思う今日このごろです。


さて、現在のeBay、Amazonのほうですが、タイトル通り、トラブルだらけです。

対応中のものを箇条書きにすると。


1.Amazonで販売した中古レンズ。日本への返品は出来ないとのことで、アメリカのスピアネットへ送ってもらったので商品代金+アメリカ内の送料は返金済み。さらに輸入扱いになるということで、少し関税がかかりそうです。

2.eBayでブラジルへ販売した電子機器。日本語表示できない旨を商品ページに書いてたに関わらず、返品要求。日本への返送料はバイヤー負担で依頼中。

3.eBayメキシコへ販売したゲーム機器。9月上旬にeパケットで発送したがまだ届かないとの報告。郵便局へ調査依頼。

4.eBayでイギリスへ販売したミュージックプレイヤー。9月にEMSで発送、到着済みですが、バイヤーが関税を払ってなかったらしく、10月になって日本へ返送された模様。それに対してバイヤーからクレーム。(ぉぃ
再度送るか、送料を差し引いた金額を返金するか交渉中。

5.9月にeBayでアメリカへ販売したヘルメット。サイズが合わないと交換要求。14日以内の要求なので受けるしかなく、日本への送料もコチラ負担。交換ではなく、日本へ返却されたら返金で了解を貰う。重量が重く、送料が高いので痛いです。返品されたヘルメットもどうするか考え中。

6.Amazonで9月に販売したレンズ。AF音が大きいとのクレーム。こちらもスピアネットへ返送依頼中。仕入はいわゆるヤフオク転売の人から買ったのですが、検品時は問題なかったので、いまさら返品もできなさそう。どうするべきか・・・

7.9月にeBayで販売した電子機器。日本語表示できないので返品要求。返送料をバイヤー負担で打診するとお怒りモードだったので、半分をこちらで負担するということで折り合い。こういうの多すぎ。

8.eBayで10月に販売したアクセサリー。シルバーに傷が付いているとのクレーム。返送料はコチラ持ちで返却中。返品された後、仕入先へ返品できるか確認中。


以上です。なんと対応中は8件もあります。。。

取引量が増えてくるとイレギュラーな対応も増えるのは分かりますが、ちょっと疲れますね。


あと、eBayのアカウントハックが相変わらず多いです。

eBayとPaypalからこの商品が売れました!っていうメールが来て、バイヤーの国を見てみると、インドネシアだったり、アルゼンチンだったり、あやしい。

案の定、1日後くらいに、Paypalへアカウントハックにあった本人が、未承認の取引だって返金要求を上げたという通知が飛んできて、返金するという流れ。

そういうのが月に2~3件あります。

なので、怪しい国から注文メールが来てもすぐに仕入はせず、1日くらいは様子を見るようにしています。


そんな感じでちょっと疲れ気味の10月ですが、ホリデーも近づいてるので、ここで負けるわけにはいきません。がんばります。


それでは本日はこのあたりで。

| eBay トラブル/クレーム | 11:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月の活動計画

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。

さて、早いもので10月も1/3が終わろうとしています。

2Qスタート月の今月は11月、12月の輸出ビジネスにおけるお祭り、ホリデーシーズンに向けた施策も組み合わせて一気にビジネスボリュームを最大化していきたいと思います。

今月絶対にやると自分にコミットしたのは以下2つです。

1.HARUのAmazon API対応

すでにロジックは出来ており、あとは実装のためのコーディングとランニングテストを残すのみです。
10月前半の15日までには絶対にやりきってみせます。

2.Big commerceによる海外ネットショップ立ち上げ

これはようやく着手できそうなのですが、このネットショップではeBayで売れ筋商品をジャンルを絞ってセレクトショップのようなものを想定しています。

さらにeBayにおける取引は既に1000近くあり、ユーザーのメールアドレスも取得しているので、ネットショップの商品ジャンルごとにユーザーも属性分けして、ジャンル別にDMを作成してネットショップへ誘導したいと思います。

DMにはeBay、Amazonより安く買えることを全面に打ち出し、購買意欲をアップさせる作戦です。

eBayの手数料が平均10%なので、8%くらい引いてあげればユーザーには魅力的に見えると思います。

また一度eBayで購入してくれてるユーザーばかりなので、信用は得られてると思ってます。

ここまでを10月末までにやりきりたいです。


ネットショップの作成プラットフォームはBig commerceの他にShopifyも検討しました。

ショップの作り易さ、SEO効果、手数料などは似たり寄ったりなのですが、ユーザー向けにクーポンを送れる機能がBig commerceにはあり、今後もいろいろとマーケティング戦略を組み立て易そうなので、決めました。

その他にオススメのプラットフォームがあれば教えてください。


-------

話しはまったく変わりますが、10月という意味では、個人的にアルバイトをすることにしました。

昨日が初日だったんですが、ゴルフ場のコース撮影のアルバイトです。

クラウドワークスでSOHOさんを探している中で、自分がSOHOさんになってしまった格好です。

週に2日程度にしましたが、たぶん5〜6万は貰えると思います。やはり生活があるので背に腹は代えれないということで。

撮影は1ホールに付き4〜5枚づつ撮影していくのですが、いくらカート移動とはいえ相当な運動量でした。

でもゴルフはもともと趣味でやってたので、色んなコースが見れるのは面白いです。

ここのアプローチは何番アイアンだなとか、このグリーンの芝は難しい目だなとか、考えると楽しかったです。さすがに撮影しながらゴルフするのは難しそうでしたが。

また、自然の中でいると日頃のストレスもリセットされて、今日はバリバリ仕事が出来ています。

いい気分転換になっているので、今月はかなりいい線いけそうです。

ああでも、本当にゴルフがやりたくなってきましたw



それでは本日はこのあたりで。

| 目標設定 | 13:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やってしまいました

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。


1日の利益として1万円を目指しています。

でも実際のところは1日に3万円取れることもあれば、3日くらい注文がなかったりすることもあるのが現状なので、平均は5000円くらいでしょうか。
もっと安定して売上、利益を上げれるようにしていきたいところです。


さて、ひさびさにやってしまいました。在庫切れです。

正確にはちゃんと購入して在庫していたレンズなのですが、Amazon.comで売れたあと、eBayでも同じレンズの注文が入ってきてしまいました。

Amazonで売れたのは深夜3時くらいで、思いっきり寝てたのは当たり前ですが、eBayのほうは朝7時に起きてAmazonの注文を確認したあとeBayの出品を取り下げようとした瞬間に注文が来ました。

あと10分早く気づけば、、、あと10分早く起きれば、、、。それはもう後の祭りです。

こんなことってあっていいのでしょうか。すごく確率的には低いはずですが、必ずしも発生しないとは言えないので、やはり自分が悪いと思って諦めました。


その後、eBayのバイヤーには謝罪のメールを送るとともに、ちょうどヤフオクで同じレンズの程度の良さそうなものがあったので、こちらに代えてもらえないか、代えてもらえるなら$10割引するよと、提案をしました。

箱も説明書も付いてて完璧な提案かと思いましたが、お気に召さないようで、あっさりとキャンセルしてくれとの返答がきました。

でもすんなりとキャンセルを受け入れてもらえたのは、有り難いことです。

Resorution centerからother reasonを選んでキャンセルケースをあげたので、アカウントにも傷はつかないはずです。



今回は、無在庫で在庫切れを出すならともかく、有在庫で在庫切れを出してしまうという、レアなケースを体験しました。

Amazonのほうをキャンセルしても良かったのですが、Amazonのほうが高く売れてたのと(笑)、Amazonはアカウントが育ってないので、eBayで悪い評価をもらうよりダメージがでかいと判断しました。

今回の一件で、AmazonとeBayの同時出品にも危険性があることが分かりましたが、やめるつもりはないです。

たぶん確率としては100件に1件くらいだと思うので、突き進むほうを選びます。

AmazonもeBayもそれくらい売れるプラットフォームということです。売上でカバーしていけばいいだけです。

みなさんも在庫切れには気をつけてください。


それでは本日はこのあたりで。

| eBay トラブル/クレーム | 09:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トレカのヤフオク購入代行

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。


個人事業主で曜日は関係ないはずなのに、土日になると何故かウキウキします。サラリーマン体質が抜けてないのかな。


さて、わたしは直接取引している人が何名かいますが、その中の一人でフィリピン人からはヤフオクに出品されているトレーディングカードの落札依頼をよく貰います。

トレカは単価が100円とか200円など安いものも多く、わたしにいただく利益(手数料)は価格の何パーセントという設定ではなく、取引にかかる時間で換算して貰うようにしています。

例えば、わたしの時給は3000円と設定していますが、フィリピン人とのメールやり取り、ヤフオクの入札(BidMachineへスナイプ設定して放置するだけです)などにかかる時間が10分だとすれば、いただく手数料は500円になります。

ヤフオクですので時には競札に負けて落札できないこともありますが、それでも500円はきっちりいただきます。

最初は安いトレカなのに手数料のほぷが高い、落札してないのに払うのはおかしいなど、ゴネられましたが、わたしはあなたとボランティアで取引をしてるのではない、あなたのためにわたしの時間を使ってるので相当の対価をいただく必要がある、納得できないなら他のセラーのところへ行ってくれ、と理路整然とわたしの言い分をいうと納得してくれましたw

そんな感じで時給換算で手数料としていただくようにして、今では月に数十枚買ってくれるようになってます。

意外とヤフオク落札代行っていうのは、手間暇がかかって煩わしい取引になりがちですが、しっかりと価格設定やルールを明確にしておけば、外注化も可能だと思っているので、今後はサービス化も目指してやってみたいと思います。


それでは本日はこのあたりで。

| 直接取引 | 08:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Amazonで初の返品処理

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。

さて、8月あたりから始めたAmazon.comでの中古カメラ販売ですが、今回初めて返品リクエストを受けました。

返品理由は、箱がない、AF時の音が大きい。

前者は説明書きの付属品の中には書いてなかったので、了承して買ってくれてたものと普通は思ってしまいますが、、、

後者は動作チェック時には問題なかったです。これは個人差によるものですかね。

まだ初めて間もないこともありますし、ここは反論はせず返品を受けることにしたのはいいのですが、Amazonの登録で返送先住所は日本の住所にしていたところ、バイヤーは「わたしはAmazonへ返品する!」の一点張り。

どうやら日本へ返送してもらえれる雰囲気ではありません。

そこで、急遽、スピアネットという輸入代行を行っているサービスに登録して、ポートランドの受け入れ住所を作ることにしました。

MyUSという代行会社も有名のようですが、料金を比較すると、スピアネットのほうが安かったのと、日本語のホームページだったので安心したので決めました。

バイヤーへポートランドの住所を伝えたところ、しぶしぶと了承してくれ、返送の送料はこちらが払うことも付け加えて、ようやく返送してくれることになりました。

ポートランドのスピアネットに到着すれば、返金してこの取引は完了になる予定です。

その後、どうするかですが、レンズの状態も見たいので、日本へ送ってもらって、チェックしようかと思います。

日本へは$30くらいで送ってくれるようです。

プラットフォームでの販売とはいえ、Amazonは慣れてないので色々と戸惑いますが、徐々に慣れていくしか無いかとおもってます。

------------

話は変わって、無在庫管理ツールのHARUですが、今回新たにASINコードでの管理機能を開発中です。

これまではHARUに登録した商品価格が、変わったかどうかを監視するのみで、実際いくらになったのかは分かりませんでした。

今回開発中の機能はAmazon APIを利用して生の現在の価格を取得しますので、これが可能になります。

登録するときには、現在の価格に加えて、増加許容価格(たとえば1000円など)を登録することで、価格が1000円以上上がった場合のみアラートを出すことが可能になります。

在庫ワードについてはこれまで通り、「在庫あり」などの文字列を監視するのみです。

今回初めてAmazon APIを触りましたが、意外と簡単な印象です。

APIの仕様として、1時間に2000リクエストまでしか、Amazon側に検索クエリを投げれないようですが、HARUの最大登録数は1500にしているので、6時間おきに最大の1500件づつを定期チェックしても特に問題はないかと思ってます。

ただし、検索するアカウントはわける必要があるため、Amazon API機能を利用したい人には、個別にアソシエイトIDやアクセスIDを取得いただく形で考えています。

順調にいけば、1~2週間で作れそうですが、10月は家庭の事情で外出が多く、纏った時間が取れそうにないので、10月末くらいになるかもしれませんが、βバージョンだけでも早々にリリースできるようにがんばります。


それでは本日はこのあたりで。

| Amazon輸出 | 01:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。