FC2ブログ

eBayでそろそろ海外ノマド生活

eBay、FXで自由な時間を作って、海外ノマドを目指します

2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

HARU Amazonの監視について

こんにちはRYOです。本日もお読みいただきありがとうございます。

さて、昨年12月頃よりAmazon.co.jpの仕様変更?というか、クローラーやスクレイピングを目的とした、自動巡回BOTへの対策が打たれてしまいました。

Amazon.co.jpの商品へ連続したアクセスを繰り返すと、ランダムなタイミングで画像認証の画面に推移し、画面に表示されたアルファベットを手動入力が求められます。

こういった画面です。

Amazon.png


HARUは6時間ごとに仕入先URLに登録されたサイトへ自動巡回しますが、Amazonの画像認証には答えれないので、この画像認証のページの中に、価格、在庫ワードが見つからず、アンマッチのアラートを出してしまいます。

Amazon以外の、楽天、ヨドバシ、価格.com、ヤフーショッピングなどのサイトは問題なく監視できますが、今回のAmazonの画像認証の導入はどうしようもないです。

Amazon側も、もともとクローリング、スクレイピングなどでアクセスすることは禁止されており、もしAmazonの規定に基いてアクセスしたいのであれば、MWSなどのAPIを利用するしかなさそうです。


MWSを利用するためには、大口出品者の契約が必要となりますが、Amazonを仕入先にしている方は多く、HARUのMWS対応への要望も多いので、今後対応予定です。


でも、誠に申し訳ないですが、現在確定申告や、プライベートのゴタゴタで、HARUの改良に時間が避けない状況が続いています。

税理士にお願いせず、自分で帳簿をつけることにした私も悪いのですが、経費削減のため選択しました。

なんとか確定申告が終われば(2月中旬までには終わらせたいと考えてます)、HARUの改良にも時間が取れると思いますので、今しばらくお時間をいただければ幸いです。


それではまた。
スポンサーサイト




| 無在庫管理 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SAATSフルフィルメント、aapsはじめました

こんにちはRYOです。本日もお読みいただき有難うございます。

随分と間が空いてしまって申し訳ございません。

プライベートの事情により、11月末頃からドタバタ続きで、ブログを更新する余裕がまったくありませんでした。
まだしばらくは身の回りの整理で落ち着きそうにないですが、物販や、HARUの開発は止めてはいませんので、
有益な情報があれば、なるべく記事をアップしていきたいと思います。


まず、11月、12月の結果です。

11月はebay無在庫が10万、ヤフオクのレア品の無在庫がホームランで売れて1発で8万、
カメラなどの有在庫が1万、直接取引が1万、計20万ほどの利益でした。

(eBay手数料などの経費も引いています)

レア品が売れてなかったら終わっていました。

そして12月ですが、ホリデーシーズンでしたが、9月ー10月にあった返品の嵐で懲りたので
出品を増やさなかったこともあり、無在庫は13万、有在庫は2万、直接が1万、合わせて16万の利益でした。


プライベートのゴタゴタがある中、16万までいったのはやはりホリデーシーズンだったからだと思います。


そしてタイトルにある通り、SAATSフルフィルメントを12月から始めてみました。
丁度募集してたのと、それまで発送代行で利用していたオークレボに少し不満があったので乗り換えた形です。

オークレボは商品の撮影と、在庫保管、発送までやってくれて月5800円なのですが、肝心の写真のクオリティが
毎回バラバラだったのと、発送の依頼ではeBayバイヤーの住所情報を手打ちでフォームにコピーしなければならず
無在庫商品の発送では手間が多くいまいち使えませんでした。

そこでいっそのことSAATSフルフィルメントに乗り換えてみたのですが、これがとても便利で本当に助かってます。

有在庫カメラのは、商品の撮影までは自分でやる必要はありますが、何個かまとめてSAATSフルフィルメントへ送れば、在庫保管をやってくれます。
また商品の発送時はSAATSコマースから指示ができるので、住所情報は自動で入力されて間違いがありません。
システムやユーザーインターフェースも洗練されてて、とにかく便利です。

さらに、発送手数料として、1個300円+消費税が必要ですが、EMSは10%割引料金が適用されるので、カメラ等の重さがある商品であれば、手数料はほとんど負担にはなりません。

無在庫商品の受け入れも、オークレボさんは受け取った翌営業日発送が原則でしたが、SAATSはお昼ごろまでに届いた商品であれば、当日発送で対応してくれます。

しかも土曜日まで営業なので、例えば週末の金曜日にeBayで売れて、Amazonで即効仕入れれば、土曜の朝にはSAATSに届くので、土曜日中に出荷が出来てしまってます。

SAATSフルフィルメントは月5,000円で使わせてもらってますが、もうほかの発送会社は使えないと思います。



そして、もう一つの報告として、タイトルにあるaapsというツールを先日より使い始めました。

昨年の9月頃に見つけていたのですが、限定100ユーザーしか利用できないツールなので、約半年待ってようやくAmazon.comの利用枠が空いたので、スタートすることにしました。

ご存知の方もいるかと思いますが、Amazo輸出のツールなのですが、商品を自動でリサーチしてくれ、見つかった商品の出品は手動でやる必要がありますが、それも2クリックで出来てしまいます。

出品後は自分が設定した最小利益幅まで自動的に最安値に調整してくれますし、さらに、出品中の商品が、Amazon.co.jpで在庫切れ、価格上昇など発生した場合は、これも自動で出品停止、価格変更までやってくれるので、出品後は本当になにもやる必要がないという恐ろしいツールです。

今日でaapsを使い始めて3日くらいになりますが、1日20分くらいしか出品作業はしていませんが、すでに500品は出品できており、あとは出品数を増やしていけば売れる?と信じて続けています。

さらにスタート後3ヶ月間のうち、月額11800円以上の利益が出なかった場合は、返金までしてくれるそうです。

詳細はURLを参照ください。
http://aaps.me/welcome.html

出品する商品はなるべくトラブルが少なそうなのを選定する必要がありそうですが、これだけ強力なツールが使える機会はなかなかないと思うので、慎重に利用して結果を出してみようかと思います。

また状況は報告させていただきます。


それではまた。

| Amazon輸出 | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |